<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>

ソフトダーツの世界大会で優勝したのは日本人


「BULLSHOOTER 24」(ブルシューター)といえば、ソフト
ダーツの世界大会ですが、

今回米国シカゴで開かれたダーツの世界大会で優勝したの
が、ダーツバーオーナーでもある村松治樹氏。


優勝した種目はプロダブルスクリケットという種目で、各自の
持ち点(501点)を的を射た得点を引いていき0点まで減らして
いくゲーム内容です。

ペアで戦うため個人の力量もさることながら、チームワークが
ものをいうゲームです。

プロダブルスクリケット種目だけではなく、国別対抗戦でも
日本代表初の頂点を見事獲得、素晴らしいとしか言いようが
ないですね。

このことで日本のダーツレベルは十分世界に通用するんだと
いうことを証明してくれました。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。